FMやまと

オンタリオ湖を望みながら聴きたい曲

77.7MHz FMやまと
コウ ヨシザキのサウンドキュービック
毎週火曜日20:00〜20:30

2019.08.06放送回

Playlist

  1. ブライアンアダムス/Summer of 69
  2. ホリーコール/Calling you
  3. ビビアンスー/タイミング

Texts


(川島)火曜の夜いかがお過ごしですか。川島ノリコです。この番組はこだわりの音楽と最新の時事経済ネタまで幅広いテーマでお届けする大人サロン番組です。と、いつものメインパーソナリティコウヨシザキさんの声が聞こえません。もう大体皆さんTwitterなどをご覧になっている方はお分かりだと思うんですが、なんと現在コウヨシザキさんはスタジオからどれぐらい離れてるんだろう…カナダトロントにいらっしゃいます。ということで、今日の放送は台湾から帰国したばかりの川島ノリコがスタジオでお留守番となったんです。ちょっとここだけ聞くとワールドワイドなそんな感じなんですが、まあ私は本当に2泊3日の初ではありますが台湾旅行…本当の夏休みですね。でも吉崎さんは、かなり長く行かれてるんですよね。なので、乗っ取ろうかと思いまして…ここからは、ノリコ川島のサウンドキュービック…でも私はいいんですが、そうはいかないですよね。そんなこと今もしかしたらこれを聞いて「えーっ?!」っておっしゃってるかもしれません。なんと吉崎さんからの声のお便りが届いています。コウヨシザキのカナダトロントレポートをお届けしていきます。では早速一緒に聞いてみましょう。

(コウ)こんばんは。コウヨシザキです。川島さんお元気ですか?台湾はいかがでしたでしょうかねぇ。こちらはカナダのトロントに来ています。今ちょうど深夜の1時ホテルのラウンジでこの収録をしております。出発する時はですね、飛行機が7時間ぐらい遅れまして一時期どうなってしまうのかなと思ったんですが、なんとか無事にトロントとに到着しました。こっちはですね非常に涼しいんですね。 日中でもね27度とか28度ぐらい。快適です。日本はね今酷暑・猛暑で大変だと思いますけれども、皆さん体にはくれぐれも気をつけてお過ごしください。今週はですねここトロントと大和をつないでお送りするコウヨシザキのサウンドキュービックです。トロントからお届けします曲、1曲目はやはりカナダを代表するシンガーと言えばこの人でしょう。Bryan Adams ブライアンアダムスのSummer of 69をお届けします。

(コウ)コウヨシザキのサウンドキュービック今日は、ここカナダトロントに来ています。トロント皆さんご存知でしょうか?オンタリオ州というオンタリオ湖っていう湖が北米にありますがその湖の沿岸にありますカナダ最大の都市の1つになります。今日は8月3日土曜日の夜20時くらい。今ですね私はこのトロントにあります大きいショッピングモールのEaton Hall イートンホールという所に来ています 。すごい今わさわさとしてますが、本当に土曜日の夜なのでかたくさんの人で賑わっています。北米のショッピングモールと言うと最近すごい不況とかっていうことで、全然人が集まらないと言われていますが、ここトロントは土曜日の夜ということもあって、例外なんでしょうか。街中のモールが本当に人であふれていてびっくりしました。その中でね、PCMレコーダーを片手に何か一人しゃべっているアジア系の人がいるわけですが、結構歩いてる人からじろじろと見られていまして…なんかそれもね結構面白い感じです。ちょうど今サマーセールということで、40%OFFとか60%OFFという表示が出ていてすごく賑わってるんですけれども、先ほど買い物をしてちょっとびっくりしました。なんとこちらは売上消費税が13%ということなんですよ。ですので、60%70%でも実際それを10%以上引きで変えないといけないというところで、計算が必要になります。通貨は皆さんご存知だと思いますが、カナダドルという通貨でアメリカのドルと連動して為替動いてますけれども、計算としては1ドル100円くらいの感じで計算すればいいのかなということで買い物をしたり、食事をしたりとかということなんですが、やっとねこちらに来てちょうど24時間くらい経ったという感じですね。なんとかちょっと時差ぼけも解消しつつ、トロントの滞在を楽しみたいと思います。

(コウ)今日はですね、トロントのディスティラリー地区というところに行ってきました。19世紀のトロントを再現した町というところで、昔はウイスキーの醸造場があったそうです。そこのですねピュアスピリッツというレストランに行ってきました。シーフードも美味しいお店でしたので、その様子をしばしお聴きください。

コウとウエイターとの英語での会話


(コウ)ちょうど我々のテーブルをホストしていただいた女性は、トロント出身なの?っていう風に聞いたらですね、私はノバスコシアの島の出身ですと言われました。ノバスコシア皆さんあまり馴染みがないと思いますけれども、カナダの一番東にある島なんですね。そこの出身だということで、いろいろトロントについても聞いたんですけれども、トロントは本当にインターナショナルで国から、いろいろな人種の人たちが集まってて、みんな ピープルはナイスよというふうに言ってました。また知らなかったんですけど犬好きの方が非常に多いらしいんですよ。地下鉄に乗ると犬を入れたバッグを抱えた方がたくさんいるということで、まだ私は行ってないんですけれどぜひちょっと確認したいと思います。では、2曲目をご紹介します。先ほどのレストランでホストしていただいた女性の出身ノバスコシアですけれども、カナダのノバスコシア出身の有名なシンガーといえばこの方です。Holly Cole ホリーコール 彼女の代表曲である Calling you をお届けいたします 。

(コウ)コウヨシザキのサウンドキュービック今回はカナダのトロントからお届けしておりますが、そろそろ時間も経ちました。スタジオの川島さんに戻したいと思います。川島さんよろしくお願いします!

(川島)吉崎さんありがとうございました。なんかの今まで私たちの前で見せない英語をしゃべることができる、英語をしゃべっている吉崎さんかっこよかったですね。ライブの時には英語でお話をする姿もちょっと見ることもあるし、ステージの上に立っているからこそ違うアーティストのコウヨシザキさんというイメージでしたけど、さらっと英語をしゃべることができて、熊ちゃんと私はやっぱり「英語しゃべれるっていいねー」そんな話をしていました。また、お話の中にあったカナダEaton Centre?もちろんカナダに行ったこともないし、私は初めて画像で見ているんですがすごく広くて綺麗な所ですね。皆様Eaton Centreでご存知の方もたくさんいらっしゃるかも知れないけど調べてみてください。こんなところに行ってるんだなぁ…そんなことを思いながら私の台湾となんかちょっと全然違うなっていうことを思いながら、でもね台湾はコウヨシザキのサウンドキュービックでもお届けしたように台湾に行って聴きたい曲が、向こうでyoutube で聞きながら寝る前に過ごしたんですけど台湾はやっぱり面白くて、現地に行って現地を知るという事はとても大切なことだなぁ…私なんせあの去年仕事で上海には行ったんですけど、プライベートで行ったのが13年ぶりだったのでこういう時間はちゃんと作らなければいけないということを思ったばかりです。だからこそ、吉崎さんのレポートはとっても良かったですよね。お店の方にさらっと話しかけちゃうところ?そんなことも通訳もして伝えてくれて、こういう試みも面白いなぁと思いながら聴いていました。では…せっかく留守番しているので、乗っ取ろうという気も少しあったんですけれどでもやっぱり寂しい。なので、そういう気持ちも込めて…ソロだとこんな感じなのかなっていう意味、そして台湾から帰ってきたばかりというそれを2つ組み合わせてこの曲を選曲しました。

(川島)しんみりとお届けしましたが、この部分は実は吉崎さんは知りません。カナダで聴いてくれているかなぁと思いながら、ちょっと熊ちゃんとニンマリしているんですけど。吉崎さんいかがですか?やっぱりねスタジオで吉崎さんと、吉崎さんの前に座ってお話をしている時間と一人でマイクに向かって…熊ちゃんがいるんですけどね。時間は違うので早く戻ってきてください!でも来週も違うんですよねー。来週もまた今日とは違う方法でお届けするのでぜひ楽しみにしていてください。最後にオンタリオ湖を望みながら聴きたい曲ということでお別れの曲を選んでくれました。曲紹介は吉崎さんにしてもらいましょう。

(コウ)カナダを代表するロックバンドと言えばRush ラッシュ有名ですけれども、サウンドキュービックではこれまで2回ラッシュの曲をご紹介しています。ということで、今回はRushと並んでカナダで有名なハードプログレッシブバンドのSAGA サーガというバンドをご紹介したいと思います。SAGAは1977年に結成されたバンドで、いまだ現役でやっています。ご紹介する曲はSAGAの代表的なナンバーOn The Loose

(川島)吉崎さんありがとうございました。では、ノリコ川島のサウンドキュービックではなく、コウヨシザキのカナダトロントレポートをお届けしました。エンディングはSAGAでOn The Loose。ここまでの相手はカナダトロントにいるコウヨシザキと川島ノリコでした。