FMやまと

2019.10.29 公開生放送

77.7MHz FMやまと
コウ ヨシザキのサウンドキュービック
毎週火曜日20:00〜20:30

2019.10.29放送回

アフタートーク

Texts


(川島)公開生放送2回目!

(コウ)公開生放送2回目始まりましたね。

(川島)今日こんなに寒い中集まってくださった皆さんありがとうございます。ラジオでお楽しみいただいている皆様もいらっしゃると思いますので改めまして、

(コウ)コウヨシザキです。 

(川島)アシスタントの川島ノリコです。

(コウ・川島)よろしくお願いします!

(川島)今日はいつもと違ってたくさんのリクエスト、メッセージをいただいていますので、できる限りお答えしていきたいと…

(コウ)今日はもうトーク少なめでどんどん曲行きましょう。

(川島)では早速いきますか?

(コウ) 1曲めは今お越しいただいている居寝りパンダさんのからのリクエストで、The Beatles ビートルズのDrive My Carお届けします。

(コウ)The BeatlesのDrive My Carまさにドライブ。車を運転しながらっていうと、この曲なかなかマニアックですね。僕大好きです。

(川島)お葉書もいただきましたね。

(コウ)いつもありがとうございます。今日もお越しいただきまして…では2曲め行きます。超高速ギタリストのスパニッシュ系アメリカ人 Al Di Meola アル・ディ・メオラ この人のRoller Jubileeという曲をお届けします。これはken-ken-go!さんからのリクエストです。

(川島)ken-ken-go!さんも来ていただいています。

(コウ) Al Di Meolaね。この人は今も現役で製作されていますがアメリカのニュージャージーにお住まいなんです。この曲は僕の記憶ではベースがAnthony JacksonとでドラムはSteve Gaddかな?そういう感じの音してる。

(川島)私はもうちんぷんかんぷんです 笑

(コウ)テレビのCMとか、番組のバックで色々流れていて。ニュースとか…

(川島) これでニュース?アメリカだとそうなのかな…

(コウ)いやいや日本の。結構使われてるけどね。こういうマニアックな曲を…僕が選びそうな曲を選曲していただいていただけるのはありがたいなと。

(川島)だからこそ皆さん聴いてくださってるわけですから…

(コウ) 最近 Twitter のやり取りが先鋭化してまして。

(川島) Twitterこれで始めたのに。

(コウ)リスナーの皆さんと繋がって大変面白い時間を過ごさせていただいております。

(川島)たくさんのいいねをいただく中でびっくりしたのが、歌舞伎俳優の中村福助さんから、今日誕生日なんですよ!その福助さんからいいねいただきました!

(コウ)ありがとうございます。著名な方からもいいねいただけるというのはちょっとメジャーになってきたかもしれない…じゃあ引き続きリクエストにお答えします!久保さんという方からの…

(川島)初めましてですか?

(コウ)実は私の知り合いの、親しくさせていただいている方からこの曲かけてくれということでいただきました。1980年代の代表的ナンバーRupert Holmes ルパート・ホルムズのHimお届けします。

(川島)聴いたことありました!かっこいいし!

(コウ)これも番組とか…一世を風靡しましたRupert Holmes。最近ちょっと名前聴かないんですけど、いい曲ですね。リクエストいただきありがとうございます。続きましてのリクエストですが、メッセージを番組にいただいている羽鳥さんからのリクエストで、 私も大大大好きなUKプログレッシブバンドの UK ユーケーと言うバンドの Nothing to Lose をお届けします。

(コウ)これライブバージョンだな。明らかにこれライブですね元々の Nothing to Lose じゃない。 UK は何回か再結成してるんですけどこれ多分最近のやつですね。ありがとうございます。UKは元々3人のバンドで、それが4人になったり3人になったりしてるバンドなんですが…

(川島)皆さん吉崎さんが選曲するような曲をリクエストされるって言うことはもともと好きなんですね。

(コウ)ということみたいですね。

(川島)ごめんなさい。私のスマイルでかからないから…

(コウ)スマイルでUKかけたらすごいでしょう 笑

(川島)いや…ちょっと勉強しないとね。

(コウ)メッセージもいただいています。20歳を過ぎたハードロックヘヴィーメタル小僧の頃たまたま見たビデオクリップでノスタルジーを感じた1曲です。

(川島)思い出のある1曲なんですね。

(コウ)ではですね、次の曲行きますがこちらの方も番組にメッセージ頂いています。野田のゴンさんから。

(川島)野田のゴンさんもね、今日来てくれようとしてたんですよ。千葉の野田ですよ!野田で仕事した時に野田のゴンさんとアランヒロミさん来てくださったんですよ。すごいでしょ?

(コウ)是非天気の良い時に大和まで遊びに来ていただきたいと思いますが、野田のGONさんのリクエストで…これまた名曲ですね。James Taylor ジェームズテイラーとJ.D.Souther J.D.サウザーの Her Town Too をお届けします。

(コウ)James TaylorとJ.D.Southerのこのお2人のデュオは、そんなに有名じゃないんだけど、やっぱりマニアにはたまらないですね。

(川島)えーわたし J.D.Southerは知ってるけど、この曲は初めて聴きました。

(コウ)僕もこの曲はチラッとしか聴いたことなくて…

(川島)そんな。吉崎さんがチラッとぐらいの曲もあるんですね。

(コウ)あのーそうなんですよちょっと勉強不足だなぁと。しっかりまたどんどん聴き込んでいきたいなと思いますけど。野田のGONさん ありがとうございました。次ですね…

(川島)浦和のうなぎ日記さん。

(コウ)最近ほんとメッセージよくいただいていて、浦和は私は実はちょっと縁がありましてよく行ってるんですけど、この番組はお酒を飲みながら気分よく聴ける音楽と吉崎さんとノリコさんの心地よいおしゃべりが大好きです。リクエストですが、これはまたいいね。 The Dazz Band ダズバンドのJoystickお届けします。

(川島)初めて聴いた名前…

(コウ)The Dazz Bandですね。これもまさにそのソウル系のこの80年代。ザッツ80年代のバンドですが、本当にこのグルーブ感満載。みんな詳しいねありがとうございます。続きまして、今度はアランヒロミさんメッセージよくいただいていますが、10月29日私たちの38年…39年だったかな結婚記念日です。

(川島)今日?!結婚記念日おめでとうございます。

(コウ)昔コンサートによく行ってもなかなか聴けなくて、でも大好きな松山千春さんの燃える日々をリクエストさせていただきます。アランヒロミさんの結婚記念日をお祝いする曲としまして。

(コウ)松山千春さんの声は素晴らしいですね。

(川島)すごく私好きなんですが、この燃える日々と言う曲は初めてです。松山千春さんの歌声は大好きなんですが。これは何年ぐらいの曲なんですか?

(コウ)これは…僕邦楽あんまり得意じゃないんですよ。 松山千春さんは大好きなんですけどね。そしてですね、飛田さんのリクエストで。こんばんは。月のあかり 桑名正博さんリクエストいたします。10月26日桑名正博さんの命日です。もう7年経ちます早いですね。ということで、桑名正博さんの月のあかりお届けします。

(コウ)桑名正博さんって言うとセクシャルバイオレットNo.1。それが一番大ヒットしてカラオケでよく誰かが歌っている感じなんですけれど、こういう渋い歌はやっぱりいいですね。この関西人でしょう?確か。渋いよね。

(川島)色気のある方というイメージがあります。

(コウ)あっという間の30分ということで…

(川島)多くの方のリクエストにお答えできて。ちょっと短かったかもしれないですけれど、答えられましたね。

(コウ)そうでうね。 

(川島)皆さんの曲全曲かけられなくてごめんなさい。

(コウ)そうですね。今日いただいたリクエストはまた次週以降でもご紹介して行きます。

(川島)あれ?懐かしいメジャーな曲が。コウヨシザキらしからぬ…

(コウ)この、イントロって、EUROPE ヨーロッパのThe Final Countdownと間違えちゃうんだよね。

(川島)あーちょっと似てるかも。

(コウ)ファイナールカウントダーウンっていうのと、このハウンドドッグのフォルティシモはなんか似てるなと思うんですけど。素晴らしいバンドだと思いますし、コウヨシザキらしからぬナンバーが今日の最後の曲ということで。

(川島)ちょっとビックリしました。私が知ってる曲が流れてきたと思って。

(コウ)最後はですね、くわさん。コウヨシザキさんノリコさんこんにちは。リクエスト曲ハウンドドッグのフォルティシモお願いします。大好きな曲で中学3年生の合唱コンクールで歌い、優勝した優勝曲でした。まさにff(フォルティシモ) 力強さを表している曲ですが。今日はあっという間の30分でしたがこの曲を最後といたします。 この番組も3月にスタートして、はや11月になろうとしていますが、ホント皆様の温かい御支援に支えられ送っております。

(川島)公開放送2回目なんですが、初めて聴いてくださっている方もやっぱりいらっしゃって。聴いてます!懐かしい曲ばっかり楽しかったです。とのことで、ありがとうございます!

(コウ)日本全国いろいろなところで聴いていただいているということで、これからますます番組の方を力を入れて頑張っていきたいと思います。

(川島)また、リクエストとメッセージお寄せいただきたいと思います。ここまでのお相手は川島ノリコと、

(コウ)コウヨシザキでした。

(コウ・川島)また来週!