FMやまと

川島さんのサプライズバースデー企画#1 〜 ゲスト唐橋ユミさん

Texts


(コウ)コウヨシザキのサウンドキュービック。火曜の夜いかがお過ごしでしょうか。コウヨシザキです。

(川島)アシスタントの川島ノリコです。この番組はこだわりの音楽と最新の時事経済ネタまで幅広いテーマでお届けする大人サロン番組です。

(コウ)ついにね番組も今日で第21回を迎えることになりまして、リスナーの皆さんには最初にお詫びを申し上げないといけない。先週ね第20回楽しみにしてくださいっていう話だったんですけど、よくよく数えてみたら専修が20回目でしたと。

(川島)どういう入り方をされるのかなってちょっと私も。楽しみに。

(コウ)やっぱりこれ言い訳しちゃったら…

(川島)もうそのままストレートが。今ほらいろいろな話題がありますが言い訳は駄目です。

(コウ)言い訳いけないですね。やっぱりガバナンス重要です。

(川島)あれはどうなんでしょうね?そんな話聞いたら多分30分では終わらないですよね。

(コウ)まぁね…実はっていう話がまた。まぁ実はっていうか、あのまあね社長さんは…

(川島)え?知り合い?吉本興業ともつながってるんですか?

(コウ)うんまぁ前々職の時に、一緒にお仕事させていただいたので。公の仕事をしていた時に、吉本さんとは色々お仕事をさせていただいておりまして、その時はまだあの社長さんはまだ社長さんじゃなかったの。

(川島)マネージャーさん?

(コウ)マネージャーではなくて副社長だったかな…。

(川島)すごい方なんでしょうけどね。ダウンタウンのマネージャーさんから社長まで上り詰めるくらいですからね。

(コウ)そうですね。話しても非常に楽しい方でね。

(川島)私はお会いしたことないので芸人さんのそういうツイートとかね、そういうの見てると恫喝されたりとかっていうのが多いと…

(コウ)まあね。でもそれも芸人の世界の話なんで、何でも芸の肥やしだみたいなちょっとやっぱり違う部分が あるわけですよ。それがなんかまぁ世の中で一般常識で捉えられちゃうとそれ違うんじゃないの?っていうのがね。

(川島)それも出てましたよね。吉本で通っていたものは一般的には通りませんよっていうね。皆さんに謝りのところからまさか吉本の話題に行くとは思いませんでしたが。

(コウ)そこは全く想定外でしたが、まあまたアフタートークで話し合いましょうかね。色々とね。ということで、今日は20回ではなくて21回ですけど…

(川島)言い訳としては、1回だけ生放送してるんですよね。それがちょっと私たちのミスといいますか…数がね。カレンダーで1回ずつちゃんと数えたら、あれっ?っていう…収録では20回、生放送では1回。

(コウ)もう何言ってんだっていうね。どっちでもいいじゃないかと言われちゃいそうですけど。20回とか21回とか全然関係ないんですけど、まぁあの僕も Twitterでちょっと上げたりしてるんですけど、自分の母校が夏の甲子園で快進撃。東東京大会でなんと今度準決勝に行くんですね。実は去年も決勝まで行ったんですよ。

( 川島)そうなんですか!

(コウ)最後決勝で負けちゃったんです最後、今年はどうしても甲子園に行かせてくれみたいな勝手な先輩の。ですけど高校野球って本当に、最近見に行ってるんですけど。ほんと今の若い方がすべてをかけてやってるっていうのを大人が観ていてなんかすごく勇気づけられるっていうか、素晴らしいなぁと思いますね。

(川島)うちの父なんて別に母校じゃなくても泣いてますよ。

(コウ)それわかる。

(川島)何なんでしょうね。

(コウ)感情移入しちゃうからね。

(川島)だから、母校だったらなおさらですよ。

(コウ)この間準々決勝勝った時はね、校歌を歌うわけですよ。神宮球場で。この番組うちの高校の同期もたくさん聴いていて。

(川島)ありがたいですね。

(コウ)そうなんですよ。吉崎くん絶対お話ししてねって言われたので、話するよって言っちゃったんですね。ちゃんと言ったよ!笑

(川島)誰に向かって行ってるんですか?笑

(コウ) 21回ということですけど色々な取り組みをしてきましたけど、川島さんもねお付き合いいただいて。

(川島)もう楽しい時間を…やっぱりさっき言ったあれじゃないですけど、1回しかまだ放送してない生放送が楽しかった。スタッフさんは大変だったかもしれないけど、私たちは楽しかった。

(コウ) 楽しかったですね。あれは本当に楽しかった。

(川島)ただ、皆さんにも誤解無きお伝えしたいのは、これほぼ生放送のように録ったものを出している。まあ時差としてはね、今日も23日の夕方に録っていますが、正直何か編集するとかもないので、そのままね。

(コウ)ほぼ生放送に近い。

(川島)そのあたりが生放送感を一緒に楽しんでいただいているつもりではいます。

(コウ)ですね。ということで、今日はねちょっとテーマの前にもう1曲目行っちゃおうと思います。ので1曲名をかけちゃおうと思います。

(川島)え?!

(コウ)なんですが、明日あさって…

(川島)やだーー何はっはっはっこれ今?

(コウ)お誕生日おめでとうございます!

(川島)すっごいびっくりした。聞いてる曲と違うからくまちゃん間違えたのかなーと思って。ありがとうございます。凄いびっくりした。ちょっと写真撮りたい…

(コウ)撮って撮って。リスナーの皆さんには申し訳ないんですけど…

(川島)え?これ収録してるの?放送するの?え?なにこれー??

(コウ)今日はそういうことです。

(川島)凄いびっくり。今本当は他の曲が流れるっていう説明を受けて…スタッフの背の高い湯谷さんと、あと朝の番組を担当してる石上貴子さんさんがいきなりHappy Birthday のカチューシャみたいな物をかぶって今入ってきてくれたので、すごいびっくり。

(コウ)あのちょっとね…これささやかながらプレゼント。

(川島)ありがとうございます。えっこれ放送中にいいんですか?開けちゃって…

(コウ)もちろん。

(川島)今日スマイルでは何も言わなかったんですけど…すごいびっくり。

(コウ)ちょっと先日付なんだけどね。

(川島)いやいや…もうそんな。ありがとうございますなんだなんだ?

(コウ)ちょっとねプレゼントを川島さんに。

(川島)何ですか?

(コウ)何がいいかなと思ってね、最近ゴルフを…

(川島)ゴルフグッズ?!あー可愛い!ありがとうございます。

(コウ)ゴルフ用のミニタオルと、ソックスを。

(川島)わーありがとうございます!

(コウ)という事で、一つでは足りないと思って、もう一つ用意しました。

(川島)えーなんでなんで?1個で十分ですよ。

(コウ)これもね、ほんと考えて、何がいいかなと思って。

(川島)盆と正月が一緒に来たみたいな…

(コウ)いやいや…

(川島)えっ…なにこれは?あっ日傘だ。すごーい!素敵。

(コウ)これ、東レが作った特殊素材で…

(川島)東レとも仕事してるんですか?

(コウ)いやいや…違う違う。これはちゃんと渋谷の東急百貨店で購入しました。

(川島)すいません。ちょっと…もう10分くらい経っちゃった。

(コウ)誕生日特集ということで…

(川島)こんな20回とか21回とか初めのあれ何だったの?

(コウ)あれは全部偽の台本です。

(川島)えーーーうそーーー。すごいありがとうございます。すいません。これ本当に放送するんですか?

(コウ)放送するでしょ。

(川島)録り直しじゃないの?

(コウ)後で録り直してもいいけど…

(川島)それはそれで贅沢ですけど…。今膝の上にプレゼントが山のようになってますけど…ありがとうございます。

(コウ)色々考えて、川島さんが何が欲しいかな考えたところで選んだものなんですけど。

(川島)ありがとうございます。しかも私の好きな色…後でちょっと一緒に写真ををとってください。

(コウ)撮りましょう。

(川島)えーありがとうございます…

(コウ)1年に1回しかない貴重な 誕生日なので。

(川島)えー吉崎さんの誕生日どうやって返す?

(コウ)僕の誕生日の時は放送は休止っていうことで 笑

(コウ)いやいや…え?この台本偽物?

(川島)偽物です。よくこんな…皆さんにだって1999年20世紀最後の年はとかなんかいっぱい打ち合わせのあれはなんだったんですか…

(コウ)あの打ち合わせも全部嘘ですね。

(川島)すごーい…では今から何かけるんですか?

(コウ)それでですね、もう台本なしで、誕生日に贈りたい曲っていうことで。

(川島)えーすごーーい。くまちゃんは知ってたんだ? 昨日送られてきたあれも嘘なんだ。メール…

(コウ)メールも嘘です 笑

(川島)夜中にわざわざ送ってきてくれたのに。

(コウ)誕生日にあたり、川島さんには本当に感謝してまして、感謝の気持ちを表しきれないほどなんですけれども、放送してしまうっていうのはどうなのかなとも思ったんですが、川島さんのファンの方・リスナーの方も皆さんこういった企画であれば喜んでいただけるんじゃないかなと思ったので。

(川島)ほんとに…スマイルにも送って下さった方がいらっしゃったんですけど、なんとなく自分のことって当日だった時は言ったんです。さすがに何かそれは当日は言えない?言わないのもおかしいかなあと。ちょっと先だったので言わなかったんですけど。お気持ちだけいただきましたということだけでやめたんですけど、まさか吉崎さんにやられるとは…貴重な30分の中でありがとうございます。

(コウ)ではじゃあね、誕生日に送りたい曲っていうことで私の独断と偏見で2曲目もお届けしちゃうおうかなと思っております。

(川島)なんだろう…何が流れてくるんだろう…

(コウ)2曲目ね。お届けましょうか…お願いしまーす!

(歌)ハッピーバースデートゥーユー…

(川島) えーーーーーやだーーーー

(歌)ハッピーバースデートゥーユー ハッピーバースデーディアノリコ…ハッピーバースデートゥーユー (パチパチパチ…)

(唐橋)おめでとーーーーー!

(川島)唐橋ユミさん…

(唐橋)おめでとうございます!

(川島)昨日一緒に仕事してたんですよ。

(コウ)知ってますよ。

(川島)やだー今 Happy Birthday のカチューシャつけて…ちょっと…

(唐橋)すごい緊張しますね。

(川島)え?だから返事なかったの?さっき LINE の返事全然ないから…

(唐橋)うん!ちょっとね吉崎さんもソワソワしちゃって…

(川島)え?!一緒に来たんですか?

(唐橋)あっすいません。自己紹介をします。川島ノリコさんともう20年以上…

(川島)え?言っちゃうの?

(唐橋)10年くらいのお友達の、唐橋ユミと申します。関口宏のサンデーモーニングですとか、他局ですけど TOKYO FM とかやってます。

(川島)全然いいんですよ他局でも。 いやいやどうしたの?すごいビックリ。

(唐橋)いや…大和は遠い!

(川島)1回来てくれた子じゃん。

(唐橋)でも図書館が見事に綺麗…

(川島)図書館に行ったの?

(唐橋)うらやましくなっちゃって。

(川島)すごいねー。

(唐橋)ちょっとこういうところで…

(川島)今までで一番かも…このサプライズは。

(コウ)ケーキもありましてですね。

(川島)えーーーーハイアット?

(コウ)そうそう。ちゃんと今日朝、新宿のハイアットリージェンシーで…

(川島)えーすごーい!これ放送しちゃうんだよ?生放送みたいなものだけど。

(コウ)まあまあいいでしょう。

(唐橋)自由なラジオですね…

(川島)あ…もう15分。吉崎さんがいいって言うなら…

(唐橋)そして、どんなケーキなんでしょうか…わーーーー!すごーーーいおいしそーー!

(コウ)あぁ…ちょっとこれあれだな…

(川島)昨日ユミとトークショーしてた時にもウクレレを聴きたいってね皆さんが言ってたのに、まさかここで聴けるとは…

(唐橋)ジャジャーーン!美味しそう!いちごとブルーベリーと生クリームたっぷりの…

(コウ)さすがにここでちょっと皆さん食べるわけにはいかないので…

(川島)っていうかね、WEB担当の佐藤さんも…ユミに驚き過ぎて…

(唐橋)あのTシャツを作ってくださってる…

(コウ)コウヨシザキのクリエイティブ担当で、WEBからクリエイティブ色々とイケメン売れっ子クリエイティブクリエイターですからね。

(川島)すみません…なんか皆さん。ちょっともうなんか驚きすぎて。いろんな意味で…ケーキはどうしたらいいですか?

(コウ)ケーキはまた後ほど…今何分?

(川島)今17分…

(コウ)じゃあねここでちょっと1曲。

(川島)はい。これは本当に…

(コウ)これは僕が、選んだバースデーソングなんですが、是非お二人で聴いていただきたい。

(川島)叫びました!

(唐橋)いやーもうビックリしました。

(川島)わたしたちの叫んだ声もこれちょっと流したかったぐらいびっくりして。何でこのCarole King キャロルキングのBirthday Songが、私たちが好きっていうことを知っていたかと。

(唐橋)思い出の曲なんです。

(コウ)どういう思い出なの?

(川島)何年か前の…何十年か前のわたしの誕生日の時にユミにお祝いしてもらって、で広尾のバーに入ったときにそこのママさんなのかな…そこの女性の方がお誕生日だったらこの歌いいわよって言ってかけてくれたのがこの曲で、それからずっと私たちはこの曲が大好きで。

(唐橋)そうなんです。

(川島)贈り合う曲。なぜ知ってるのかっていうね。ストーカーだった?なんて裏で…笑 っていう話で盛り上がっていたら、検索をしてくれてユミの20年来の親友だって、じゃあこれだって…

(唐橋)さすがリサーチ力!

(コウ)昨日の夜です、深夜。実は別の曲も考えていて、それにしようかなと思っていた時にやっぱりサプライズは必要かなと思って。

(川島) いやー十分にサプライズされてるけどでも…

(唐橋)本当この歌は歌詞がもう素晴らしいですから。

(コウ)歌詞も素晴らしいしね…

(川島)翻訳してください!私たちはもう何度も歌詞カードを読んでるけど、英語のできる吉崎さん軽く皆さんに…

(コウ)二人の友情の話がずっとベースにあって、一言で言うとね。ちょっと細かいこと言うと…それはみなさんwebで検索してください 笑

(唐橋)そうですね。本当にもう心が通い会えるこんな仲間を…

(川島)あなたがいてすごく幸せっていう歌で、多分その方もその私たちの関係性を知ってでそのCDをかけてくれたみたいなんですよね。

(コウ)まあ素晴らしい曲だと思います。Carole Kingね77歳なんだって。

(川島)ええ?!それも驚きだけど…

(コウ)まだご健在でいらっしゃるということがあって、またそれからCarole King色々調べちゃって…

(川島)分かります。私インスタフォローしてます。

(コウ)っていうことをやってたら、なんか1時2時?

(川島)その時間だってやり取りしたんですよ。明日は何時入りですか?とか。お互い遅い時間に準備してたので、そんなやりとりしてたのにこの嘘の原稿が送られてきて…思い出す。私ユミの吉田照美さんの番組をアシスタント担当しているときに、構成作家さんに声をかけられて彼女をサプライズしたんです。まさにこんな感じ。あの時の気分だよね?

(唐橋)そうだ…。

(川島)私が入っていってね。

(唐橋)それはびっくりしますわ。

(川島)ユミに「だって遠いんですよ?」って。文化放送の朝の番組だったので、私始発で行って出て行ったら、え?遠いのにって 笑 一番最初に遠いのにって言われた気がする…。で、この原稿は?って言ったらユミに渡してる原稿は偽物の原稿で、照美さんが持ってる原稿が本物の原稿で。唐橋ユミのなんちゃらなんちゃら〜みたいな感じで、照美さんがお前は自分のことを話さないから、そういうことは昔からの親友である川島さんに聞いちゃえみたいな。それをやられた2012年のことだったので、7年越しに…

(コウ)そういう伏線が…

(川島) まさか吉崎さんの番組でこんなことをしていただけるなんて…

(唐橋)さすがDJコウですね。

(川島) それなんか違う 笑

(コウ)DJコウちょっと違うね 笑 DJコウヨシザキですからね 笑

(川島)trfになっちゃう 笑

(コウ)唐橋さんの登場は私にとってもサプライズなので。

(川島) いつか大和に来てもらおうとは言ってましたけどね。

(唐橋)きれいなスタジオ…

(川島)きれいでしょ?ずっと番組にもゲストで来たい来たいって言ってくれてたんですけど、なかなか忙しいから。

(唐橋)もう1回来たのでまた…来れますね。

(川島)遠いけど大丈夫?なんか全然いつもの…コウヨシザキのサウンドキュービックじゃないのに、なんだろうこのどっときた…。いつもと違う驚きと不思議な感情が…あの時のユミの気持ちはこうだったのかなとか。

(唐橋)でも誕生日って、何回目かわからないけど。どんな気分かな?

(川島)あと二日後です。えーどうしよう…

(唐橋)どうしよう?

(川島)おかあさんがいつも年齢を忘れてしまうみたいで、若く言うの!わざと言ってくれてるのかなって思うくらい。それを訂正するのが心苦しくて。違うよって思いながら…もうわかんなくなってきちゃったのかなって。

(唐橋)お母さん的には今何歳なんだろうね。

(コウ)お母さまからしたらね、いつまでもやっぱり娘ですからね。年は関係なく元気でいて欲しいんじゃないですか?

(唐橋)何十回もおめでとうって言えるのっていいなと思いますね。

(川島)私たちもずっと言い続けてますからね。っていう昨日トークショーの最後には結婚の話になって、自分も独身なのに結婚してるんですかって私に言ってきたり…

(唐橋)いやいや…ノリコさんはもう毎年ね。

(川島)確かに、ユミは言わないけど私は毎年今年こそ結婚する、今年こそ結婚するぞって言って今に至るので、 なんかオレオレ詐欺ならぬ、結婚するする詐欺になってる…

(コウ)期限のある話でもないですし、人生長いですし…

(唐橋)結婚が全てじゃないでしょ。

(コウ)まあそれもそうですね。

(川島)あ…してない…。結婚されている幸せの吉崎さんもいるから、そういう感じになればいいんじゃないかと思いますけどね。

(唐橋)あー幸せなんですかー?

(コウ)唐橋さんに言われちゃうと何て答えていいか…でも幸せ…まあ幸せなんでしょうねやっぱり。家庭があって 、仕事があって、ラジオがあってね、そしてみなさまのような素晴らしいお仲間がいてと。

(川島)ねーーー!

(コウ)なんで僕の話になっちゃうの?笑

(川島)それはだって、コウヨシザキのサウンドキュービックですから。

(コウ)そうですね。でもなんで唐橋さんがここにいるかっていうところもちゃんと話したかったんですけどね。アフタートークで話そうかな。

(唐橋)アフタートークいいですね。なんかスペシャル感があって聴きたくなりますね。

(川島)さっきユミに、また来週っていうのがあってきたって言われたよって言ったらあっそう?って。って言ってたのに、その前に全然違う話をしてたんですね。

(唐橋)してました…あの美味しいコーヒー屋さんで。 武蔵野珈琲店ですか?

(コウ)武蔵野珈琲店ですね。

(川島)街中ハッピーレポートのお店なので。中央林間にね。

(唐橋)いいお店でした。

(川島)中央林間、大和いろいろな店を紹介したいんですが、もうあと20秒くらいで。とりあえず今日の放送は終わってしまうので、全然コウヨシザキ感が全くないまま終わる…

(コウ)え?コウヨシザキ感あるじゃないですか。川島さんのハッピーバースデーということで、 リスナーの皆さんも良いお誕生日をお迎えいただきたいなということで、ここまでのお相手は…どうするの?……それでね。

(川島)ここまでのお相手は川島ノリコと、

(唐橋)唐橋ユミと、

(コウ)コウヨシザキでした。

(コウ・川島・唐橋)また来週!