FMやまと

川島さんのサプライズバースデー企画#2 〜 ゲスト唐橋ユミさん

Texts


(コウ)コウヨシザキのサウンドキュービック。火曜の夜いかがお過ごしでしょうか。コウヨシザキです。

(川島)アシスタントの川島ノリコです。

(唐橋)唐橋ユミです。

(川島)なんかいつもと違いますが…この番組はこだわりの音楽と最新の時事経済ネタまで幅広いテーマでお届けする大人サロン番組です。先週も言いましたが、ちょっと驚きすぎてアシスタントとしての役割を果たしていませんでした。

(コウ)それは意図したことなので、まったく気にせず…

(川島)イヤー嫌な汗と言いますか、嬉しい汗でした。アシスタントとしてはもう多分恥ずかしいぐらいアクセントも、どっから声出してるんだというような声だったりとかでしたけど今ここにユミがいることもちょっと不思議な感じ。

(コウ)そうでしょ。私も不思議な感じなんですけどね。

(川島)まああの先週聞いていない方もいらっしゃると思うので…23日にサプライズをしていただきまして、しかも3回ぐらい?2回かな…2回のサプライズが重なって。こんなサプライズを受けたことがないので、びっくりしました。

(コウ)色々考えまして、波状攻撃のような感じで。

(川島)友達にするのは大好きなんですけど、こんなのちょっと初めてですね。

(唐橋)大成功ですね!

(コウ)もう本当に「大成功!」っていうか、ドッキリカメラみたいな。

(川島)だってこの人たちはどこに今までいたの?って言うぐらい…web 担当の佐藤さんも来てくれて、声は出てませんが今もスタジオにいてくれていますし、FMやまとのスタッフの湯谷さんや、石上さんも帰ったと思ったら待っててくれたりとか、くまちゃんなんて全部知ってたのに私普通に昼間の生放送…まあいつもあんまり表情を出さない感じなんですけど。まあそんな感じでお届けはしましたが、その日に今日の分も収録をするのでそのままユミにも。

(コウ)ご登場いただいて。どうですか?大和。

(唐橋)私は前から図書館が見たいって言ってたんですよ。立派な。さっき見学をして、ここで勉強したいって思いました。

(川島)いいでしょ? wi-fi完備だから。wi-fi 完備してまして、このシリウスに関しては1度メールを登録してやらないといけないんですけど、 中央林間図書館もあるんです。中央林間の東急スクエア3階に中央林間図書館が入ってるんですね。そこに関しては1回登録しておけばもうすぐにwi-fi をセットすれば大丈夫です。便利なんです。

(コウ)ずいぶん便利な世の中になって、唐橋さんもびっくりという図書館ですがぜひリスナーの方にも来ていただけると…そして美味しいコーヒーも楽しんでいただけるかもしれないし、川島さんとも遭遇できるかもしれないし。

(川島)皆さんにお会いしたいですね。

(コウ)是非また生放送もやりましょう。

(川島)先週ほぼ私の中では生放送ですよ!だって私が叫んだ声もそのまま流してしまった…

(唐橋)なかなか聞けない声だったね。

(川島)あと、流れなかったけどキャロルキングの曲が流れた時は、私とユミで叫びました。あれ流れてないもんね?

(コウ)流れてません。私の目に焼き付いております。してやったりっていう感じだね。

(川島)吉崎さん何者?っていう感じでしたよね。

(唐橋)お忙しいのに…

(コウ)忙しくないですよ。時間は作るものなので。

(川島)かっこいい!時間は作るもの…。まあでも本当にすごくありがたい何よりもの誕生日プレゼントでした。放送でこんなプレゼントをしていただけるなんて。

(コウ)ありがとうございます。まだまだ続きますんで今後ともよろしくということで。

(川島)その間に吉崎さんの誕生日がありますから。

(コウ)それはまぁ…置いといてということで。ありがとうございました。まぁちょっと平静を装って…平静に戻ってこの22回目の放送ということなんですが、今週のテーマいろいろ考えたんですけど、ここ最近また日本を飛び回ってまして、先週ね札幌で2泊して、そこから岡山に飛んでですね…

(川島)忙しそうですね。

(コウ)岡山では大学で講義をしたんですよ。やっぱ大学生…皆さんのお父様お母様おいくつぐらいですか?って聞いたら自分の年齢ぐらいだったと。まぁ想像通りの答えなんですけど、大学のキャンパスに久しぶりに行って、授業をするんですけどいろんなことがやっぱり変わっていて面白かったんですよね。出席票っていうのが今はもうないんですよ。昔はね出席票っていうの配られて書くんだけど、みんなそれ書くと教室から出ちゃうっていう。そういうプラクティスだったんですけど、今は黒板がなくてホワイトボートのところにパスコードが書いてあって、そのパスコードみんな入れるっていう。全然違いますね。

(川島)だってポイントカードがアプリですからね。ちょっと物違うけど。

(コウ)まあね。まぁそういう世界です。

(川島)うちの親が言います。スマホとかそういうのができないと、得もできない。まぁ授業はサボらない方がいいからいいんですけど。

(唐橋)じゃあごまかせないっていうことですかね?出席。

(コウ)なかなかごまかせないでしょうね。今回僕60分2コマだったんです。60分2コマで途中で退席した学生は2人だけ。でもその人は多分コードはとってると思うけどね。パスコードは見てたから。まあ出席にはなるんでしょ。

(川島)それありなんですか!途中で出て行っても。

(コウ)ちょっとどこまでフォローされるのかわからないんですけど、でもやっぱり授業があるとみんな今度はネットっていうかパソコンからその授業の感想とかを必ず出すんだって。だから感想をちゃんと書いてないと、受けているか受けてないかっていうことが分かるかなっていう。まあそういう仕組みということだよね。

(川島)まぁでも大学生も大変ですね。今ユミが開いた「じゃあさぼれないの?」みたいな話から2人はサボってたんだろうなーって。

(唐橋)そうだね。

(コウ)まあそれは、時間の有効活用していたんで。

(川島)まあそうですね。私もまあそうですけど。

(コウ)まぁ皆さんそういうことだと思いますが…

(川島)で、今週のテーマは?

(コウ)キャンパスの芝生の上で聴きたい曲ということにいたしました。じゃあもう1曲目。タイトル言わずにお届けしましょう。

(コウ)皆さんご存知の学園天国お届けしました。

(川島)1曲目はフィンガー5ってわかるんですけど、もう1曲めの今のは?

(コウ)そう。これはYOUさん。モデル?タレントさん?

(川島)今はもう女優さんですかね。ドラマにも出てますし。

(コウ)YOUさんが歌ってるんですよ。

(川島)へー。 バンドじゃなくて何でしたっけ?YOUさんってやってらっしゃいましたよね。

(コウ)バンドやっていたと思うんですけど…まあ学園天国は色々な方がカバーしていて、最初のやっぱ小泉今日子さんのをかけようかなと思ったんです。ただ、もうちょっといろいろ辿っていってたら、これけっこうかっこいいなぁと思って。演奏しているのが日本の超一流のスタジオミュージシャンの方々で、すごく演奏も非常に演奏力高くやっている曲なのでお届けしたんですよね。YOUさんって全然なんかいつまでも変わらない感じ?まあそういう感じで、学園天国をお届けしたんですけど、まぁキャンパスの芝生がで聴きたい曲ってことなんですが、お2人は高校とか大学とか中学でもいいですが、キャンパスの芝生で何がしたいですか?

(川島)なんだろう…芝生なかったなと思いながら。

(コウ)芝生があったとしたらで。

(川島)あったとしたらね…彼氏と昼寝?とか…

(唐橋)いいね。

(川島)本でも読みながらね。でも学校じゃしないかそんなこと。

(唐橋)ランチするとか?

(川島)吉崎さんは?

(コウ)僕はご飯食べたりとかっていうことをイメージしてたんですけど…

(川島)一人で?

(コウ)うん。あのね、アメリカの大学にもちょっと行ってましたので、その時に向こうの大学って広大なキャンパスで、すごいわけ。キャンパスの芝生が。そうすると、そこで休みの時間になると1人で大の字になって寝転んで空を見るみたいな。いい時間でした。そういう時に、なんとなくを自分が聴きたかったかなぁもしくは聴いてたなっていう曲が次の曲。

(川島)いいですね。

(コウ)これは一応ご紹介した方がいいと思うんですけど、Earth, Wind & Fire アースウィンドアンドファイア皆さんご存知のThat’s the Way of the World っていう名曲があります。この曲とそれをカバーしてる曲を見つけてきました。というかまぁ昔から知っているんですけれどもNew York Voices ニューヨークヴォイセスというボーカルユニットですけれども、こちらの曲をお届けいたします。

(コウ)名曲をお届けしました。That’s the Way of the Worldという曲ですけど、この曲はみなさん大体ご存知だと思うんですけど、New York Voices 同じ曲なんですけど、アレンジ等ね全然違うでしょ。

(唐橋)全然違う。

(コウ)ここまでねアレンジをかけ、素晴らしいアレンジとボーカルのハーモニー本当にこれはもう秀逸だなあというふうに思ってまして、でも91年の作品なんですよ。

(川島)へー

(コウ)昔なっちゃいますけど、全然サウンド的にも新しいサウンドでね、New York Voicesっていうのは日本ではそんなに有名にはなってないのかな…こういったボーカルグループでは、The Manhattan Transfer マンハッタントランスファーっていう。

(川島)あーそれは知ってます。

(コウ)ニューヨーク、マンハッタンみたいな感じなんですけどThe Manhattan Transferが先にデビューしていて、後からNew York Voicesが出てきたんですよ。なのですが、アメリカではこの女性と男性のこのコーラスグループとしては双璧みたいな感じで。

(川島)知ってた?

(唐橋)Earth, Wind & Fireは知っていたけど…

(コウ)New York Voicesは隠れた名曲がたくさんあります。私最近スポティファイで、コウヨシザキサウンドキュービックのプレイリストを作っているんですけど…

(川島)昨日の夜だったかな?リスナーさんが帰り道にコウヨシザキのSpotify聴きながら帰ろうって呟いていてくれていてそれをたまたま見たんですよ。夜中にこのつぶやきを見た幸せというか、嬉しかったです。

(コウ)本当嬉しいですね。

(唐橋) Spotify私も初めて入れました。それを聴きながらメイクして。

( 川島)吉崎さん嬉しそう!

(コウ)それ聴きながらって、コウヨシザキを聴いているわけじゃなくて…

(川島)コウヨシザキをでしょ?

(唐橋)え?

(コウ)ほら違うでしょ?

(川島)違うの?

(唐橋)違う違う…コウヨシザキの…

(川島)そうだよね。聴くための…

(唐橋)コウヨシザキのリストです。

(川島)そのための Spotifyだから。

(コウ) ありがとうございます。嬉しそうとか…平静ですから。

(川島)先週の分を返したくて。

(コウ)先々週やられた感じだったから。

(川島)先々週?

(コウ)次回の用意してるんですか?みたいな。準備してるんですか?って言われて準備してますよって言ったら、してないでしょう!みたいなのがアフタートークで。

(川島)根に持つタイプですね。 

(コウ)根に持つじゃなくて…

(唐橋)粘着性ありますからね 笑

(コウ)粘着性ってやだね。英語ではスティッキーっていうんですが。

(川島)スティッキーっていうとかわいいですね。褒め言葉として使うんですか?

(コウ)うーん…ネガティブな感じ。粘着性よりはいいと思うけど 笑

(川島)でもを知らない曲やアーティストを教えてもらえますしね。

(唐橋)そうですね。

(川島)New York Voices…

(コウ)ぜひ検索していただきたいと思いますが。もう最後の曲をお届けします。キャンパス、芝生、若者っていうとやっぱり若者向けの曲がいいと思って考えたんですけど、やっぱりこの曲しかないかなと。もうね自分を信じましょうっていう曲なんですけど、アメリカを代表するハードロックバンド Journey ジャーニーのですね Don’t Stop Believin’ を最後にお届けしたいと思いますし、また違うバージョンをねサウンドキュービック的にお送りします。gleeっていうアメリカの青春ドラマがありました。そこでこのDon’t Stop Believin’ をカバーしていますので、そのバージョンもお届けしたいと思います。

(コウ)いつ聴いてもねほんとにいい曲ですし、励まされる曲ですよね。

(川島)gleeの曲はユミが…

(唐橋)もうgleeはホント大好きで見ていて、その出演者が本当に亡くなっちゃって皆さんが涙ながらに実際に亡くなっちゃった人のためを思って歌うっていうあのシーンがなんかよかった。

(川島)うん…見てみたい。

(唐橋)うるっときちゃいましたね。

(コウ)本当にリアリティがすごくあって、やっぱりそういう瞬間まで一緒にねこちらが共有できるって素晴らしいし、それでこういう曲が思い出に残ってるっていうことだと思うんですけど。

(川島)キャンパスの芝生の上で聴きたい曲というテーマ面白かったですね。

(コウ)はい。まぁちょっと思いつきでもあったんですけど、岡山大学と北海道大学にちょっと行ってきまして素晴らしいキャンパスを拝見してインスパイアされました。

(川島)まあそれだけ国内で忙しかった吉崎さんですが来月はなんと飛び出す!

(コウ)そうですね。あのアメリカ・カナダの方へ行きますので、海外で収録するとか海外から参加するとかそういうことをやっちゃおうかなと思ってますので。FMやまとでそんな取り組みやったことはありますか?

(川島)ないと思うんですけどね…

(コウ)まあぜひやれることはどんどんやっちゃいますので、皆さん色々とまたご意見とかアドバイスいただけたらありがたいなと思いますん。

(川島)ではその会は来週以降楽しみにしていてください。ここまでのお相手は川島ノリコと、

(唐橋)唐橋ユミと、

(コウ)コウヨシザキでした。

(コウ・川島・唐橋)また来週!